kurebiten.くれびてん 3.15(火)~3.27(日)

高校生時代、

呉美術学院で共に学んだ

4人によるグループ展

 

 

<出展作家>

●たけなか みく (尾道市立大学)イラスト

●かねよし ともこ (広島大学)彫刻

●かりい みお (広島市立大学)染織

●かとう ちかげ (金沢美術工芸大学)金工

 


ダウンロード
くれびてんDM 
2016.3.15呉美展DMura [更新済み].pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 3.5 MB

3.15(火)~3.27(日)

kurebiten.くれびてん を開催。

宮原高校、広高校での高校生時代、

呉美術学院で共に学んだ4人によるグループ展です。

 

イラスト、彫刻、染織、金工

4つのジャンルの作品を展示します。

 

染織を専攻している

かりいみおさんの卒業制作は

壮大な綴織。

車窓からのキラキラ光る瀬戸内海を見ながら

毎日呉線で通う彼女を俯瞰している気分になり

うっかり青春疑似体験です。

 

金工を専攻している

かとうちかげさんの

‘mirror’は

当ギャラリー「ヘテロトピア」の世界観を

リングケースで表現。

現実世界と鏡の中の世界に

想いを馳せ…

鏡でしかみることのできない自分の顔のこと

について思考がおよびます。

 

また、かねよしともこさんの彫刻は

「表裏一体」「真っ白な心」など

人生の根源のあり方を考えさせられる作品です。

 

 

呉のまちで育った

感性豊かな若き芸術家たちの作品を

ぜひ、ゆっくりと、

そして少し考えながら

ご覧いただければ幸いです。